ダメになったブリッジをインプラントで

患者様は名古屋市在住の50代女性。
右上顎のブリッジがグラグラになり、同部のインプラント治療を希望されて、相談にお出でになりました。
犬歯から後方に長いブリッジが装着されていたのですが、ほぼ外れてしまった状態でした。
インプラントを埋入するには骨が薄いため、抜歯後、まずはサイナスリフトという骨造成を行い、十分な骨量を確保して、本日インプラント埋入術を行ないました。
下の写真上段が術前のレントゲン写真、2段目が術前のCT、3段目がサイナスリフト後、4段目がインプラント埋入後のCTです。