前歯は骨が薄いので、多くは骨造成が必要

患者様は名古屋市在住の40代女性。
右上顎の前歯2本をインプラントにしようと、歯科医院を受診したところ、骨が薄いので、治療はブリッジしかない、と言われたそうです。
そこで、お知り合いの紹介で、当院に相談にお出でになりました。
CTを撮ってみると、確かに、骨の幅がなく、通常のインプラント埋入は不可能でした。
人工骨を用いた骨造成を併用すれば、インプラント治療は可能であることを説明させていただき、それを希望されましたので、本日、2本のインプラント埋入術、および、骨造成術(GBR)を行いました。
下段左の写真が手術前のCTです。
骨がナイフのように尖って、薄いことが分かります。
下段右の写真が手術後のCTです。
インプラントが埋入された外側に、人工骨が補填され、十分な厚みが確保されています。