骨の厚みの診断には、やはりCTが必要

患者様は名古屋市在住の60代女性。
右の奥歯の上下をインプラントにしたいということで、相談にお出でになりました。
右下顎の骨量は十分で、問題ありませんでしたが、右上顎は骨が薄く、骨造成が必要と考えられました。
通常のレントゲン写真では、ある程度骨がありそうに見えたのですが、CTを撮ってみると、下段の写真のようにかなり骨が薄く、埋入すべき部位は2~3mmしかありませんでした。
そこで、サイナスリフトというやや大きな骨造成が必要であると説明させていただき、本日右上顎のサイナスリフトを施行しました。