骨幅も、高さも、骨造成でインプラントを可能に

患者様は名古屋市在住の30代女性。
矯正治療が終わり、残ったスペースを、インプラント治療で回復するというご希望にて、来院されました。
上顎両側の小臼歯にスペースが残っていて、ここにインプラントを埋入すればいいのですが、CTを撮影してみると、左側は骨の高さも幅も不十分であることが分かりました。
下の写真、下段左の写真が、手術前の状態です。
インプラントを埋入するには、特に幅が狭く、困難な状態です。
そこで、骨幅を拡げるための骨造成と、高さを増すための造成を同時に行い、インプラント埋入を行う予定としました。
本日、インプラント埋入術を行ない、ソケットリフトで上方に骨を造成し、さらに外側に人工骨を充填して人工の膜で覆い、骨幅を造成しました。
下の写真、下段右の写真が手術後のCTです。白く写る人工骨がインプラント上方と側方に確認できます。