ダメになったブリッジをインプラントで

患者様は名古屋在住の50代女性。
左下顎の臼歯部がブリッジとなっていたのですが、最近になって違和感があったため、かかりつけの歯科医院を受診したところ、ブリッジの支えになっている歯が破折していて、抜歯しなければならないと言われたそうです。
この部位のインプラント治療を希望されて、当院に相談にお出でになりました。
ブリッジの支えの1歯は抜歯して、ここに2本のインプラントを埋入し、大臼歯2歯を回復することで、同意されました。
抜歯して、6か月ほど治癒を待ち、本日2本のインプラント埋入術を行ないました。


CT インプラント治療