インプラントを維持装置として、安定した義歯を

患者様は名古屋市在住の50代男性。
上下とも、ボロボロの歯ばかりになってしまっているのですが、これで何とか、食事をされていたそうです。
さすがに、このままではまずいとお考えになり、相談に来られました。
こうなると、上下とも1本か2本残して、あるいはすべて抜歯して、固定式の歯をインプラントで回復するのが、最良かと思います。
しかし、費用の面で、それは難しいとのことでした。
そこで、上顎に4本、下顎に2本のインプラントを埋入し、入れ歯の維持装置を装着して、安定した義歯を作製するという治療計画を提案しました。
それで了承されましたので、本日、まずは下顎に2本のインプラント埋入術を施行しました。


CT インプラント治療