骨が薄くても。骨造成でインプラント

患者様は名古屋市在住の60代女性。
上下とも多くの歯がボロボロで、インプラント治療で何とかならないかといくつかの歯科医院に相談に行かれたのですが、上顎は骨が不足していて、難しいと言われたそうです。
当院に相談にお出でになり、CTを撮ってみると、特に上顎臼歯部では、骨が非常に薄い状態でした。サイナスリフトという骨造成術を行うことで、インプラント埋入を可能にし、固定式の歯(上部構造)を作製できることを説明させていただきました。
その治療計画で了承されましたので、まずはサイナスリフトを施行し、8か月ほど待って、本日インプラント埋入術を行いました。
下の写真下段左が初診時のCT、真ん中がサイナスリフト後のCT、右がインプラント埋入後のCTです。
十分な骨の造成ができて、インプラントの埋入が可能になりました。