下顎前歯は細めのサイズでインプラント

患者様は名古屋市在住の60代男性。
下顎前歯1本が以前から抜けたままになっていたのですが、その両隣の歯もグラグラしてきたために、もう何とかしなければならないと考えて、相談においでになりました。
両隣の歯は、両方とも重度の歯周病で、残すのは困難でした。
抜歯して、治癒を待ち、インプラント治療となりました。
下顎前歯3本の欠損に対し、2本のインプラントを埋入し、ブリッジタイプで、3歯を回復することとしました。
本日、インプラント埋入術を施行、下顎前歯部なので、細めのサイズのインプラントを2本埋入しました。


CT インプラント治療