上顎前歯の骨の薄い場合は、骨造成でインプラント

患者様は名古屋市在住の40代女性。
上顎の右前歯が差し歯になっていたのですが、歯の根の先の部分が、腫れを繰り返し、通院していた歯科医院を受診、投薬や、治療を受けたそうですが、おさまらず、膿が出てくるようになってしまったとのことでした。
歯根の破折も考えられるとのことで、抜歯して、インプラントかブリッジかと説明されたそうで、インプラント治療を希望されて、当院に相談に来られました。
CTでみると、歯の根の外側の薄い骨がなく(上段右の写真)、ここに炎症を起こすと、症状の改善は難しい状態でした。
抜歯してインプラントということで了承され、抜歯即時インプラント埋入も考えられたのですが、歯の根の状態、骨の状態を考えて、抜歯して、治癒を待ってインプラント埋入をすることとしました。
抜歯して5か月経過後にCT撮影すると、非常に良く治癒していましたが、骨の厚みが4mm程しかありませんでした(下段左の写真)。
そこで、インプラント埋入と同時に外側に人工骨をおいて、骨の厚みを造成する手術を併用しました。下段右の写真が手術後のCTです。
うまくインプラント埋入、骨造成ができていると思います。