症例によっては、まず先に骨造成を

患者様は名古屋市在住の70代男性。
上顎左側前歯が差し歯になっていたのですが、その歯根が破折して歯肉が腫れてしまい、近くの歯科医院を受診したところ、抜歯しかないと言われたそうです。
インプラント治療を希望されて当院を受診され、CTを撮ってみると、歯根の先に何か白く写る異物がありました(下段左の写真)。
多分、歯の根の治療の際に使う根充材というものが、歯根の先に出てしまったものと思われました。
抜歯即時埋入を行いたいところでしたが、この異物をしっかり除去して、それが確認されてから、インプラントを埋入した方が安全と考えました。
そこで、本日はこの歯を抜歯して異物を確実に除去し、そこに人工骨を填入し、特殊な膜で覆っておくという手術を行いました。
下段右の写真が術後のCTです。数か月して、人工骨が骨に置換されたところで、インプラント埋入術を行なう予定です。


インプラント治療