骨吸収部位は、できれば骨造成で

患者様は名古屋市在住の70代男性。
以前より左下顎臼歯部が腫れたり、治ったり、膿が出たりしていたそうです。
歯科医院を受診したところ、炎症を繰り返して、歯の周りの骨がすっかり吸収されてしまっていて、抜歯しなければならないと言われたそうです。
抜歯、インプラント治療を希望されて、当院に相談にお出でになりました。
骨がかなり吸収されてしまっていましたが、CTで調べると、神経までの距離があり、なんとかこのままでもインプラント埋入は可能でした。
ただ、インプラントと歯の長さの比率が悪くなるために、できれば骨造成を行って、インプラント埋入をした方が良いとも説明させていただきました。
が、あまり大変なことはしたくない、10年ももてば良い、と言われてしまいましたので、患者様のお考えを尊重して、骨造成は行わず、本日、やや太めのサイズのインプラントを埋入しました。


CT インプラント治療