上顎第二大臼歯を骨造成でインプラント治療

患者様は名古屋市在住の30代女性。
左上顎の題二大臼歯を抜歯されて、インプラントかブリッジという治療方法がある説明されたそうですが、インプラントは骨が薄くて難しいと言われたそうです。
ブリッジの場合、後ろの親知らずと手前の第一大臼歯を削らなければならず、何とかインプラントができないものかと、当院に相談に来られました。
CT撮影してみると、骨の厚さは、5mm程でした(下2段目の左右の写真)。長さ10mm以上のインプラントを埋入しようとすると、ずいぶん骨が不足します。そこで、ソケットリフトという、骨を増やす方法を併用すれば、インプラント治療が可能になると、説明させていただきました。
その方法で同意を得られましたので、本日、ソケットリフトを行い、インプラント埋入術を施行しました。下3段目の左右の写真で、インプラントの上方にドーム状に骨が造成され、埋入がうまくいっている様子が、確認できます。


CT インプラント治療