前歯部審美部位は、抜歯即時埋入術で

患者様は名古屋市在住の60代女性。
10年以上前に治療した、上顎前歯の歯肉が腫脹してきたため、当院を受診されました。
レントゲン写真、CTを撮影してみると、根管治療された歯の歯根周囲の骨が、大きく吸収されてしまっていました(下段左の写真)。
かなり長期にわたって炎症が繰り返されていたようです。
保存は困難と思われたので抜歯して、インプラント治療をお勧めしました。
インプラント治療で同意されましたので、この歯を抜歯すると同時にインプラント埋入を行う、抜歯即時埋入を本日行いました。
下段右が術後のレントゲン写真で、インプラントが抜歯した部位に埋入され、インプラントの外側には填入した人工骨が認められます。


インプラント治療