上顎臼歯の薄い骨はまずサイナスリフト

患者様は名古屋市在住の50代男性。
左上顎の大臼歯2本が抜けて、義歯を使用されていたのですが、やはり義歯は不自由で、インプラント治療を希望されたのですが、骨が薄くてできないと言われたそうです。
当院のホームページをご覧になり、骨造成ができれば、インプラントは可能ではないかと、相談に来られました。
レントゲン、CTにて、確かに骨が薄く、いちばん薄いところは、2mm弱でした。
下の写真、1段目が術前のレントゲン写真、2段目がCTです。
骨造成と同時にインプラントを埋入する方法もありますが、2mmあるかないかの骨でしたので、インプラントの固定が取れない可能性も考えられました。
そこで、まずサイナスリフトという骨造成を行い、骨量が確保できたら、インプラントの埋入術を行うという、2段階の方法を提案しました。
この方法で同意が得られましたので、本日、サイナスリフトを行いました。
下の写真、3段目が、術後のCTです。
上顎洞という空洞に、白く写る十分な量の骨補填材が充填できています。