事故で失われた歯と骨を、インプラントと骨造成で回復

患者様は名古屋市在住の30代男性。数年前に事故で、顔面骨折とともに、前歯を3本失ってしまったそうです。
それ以来義歯をずっと使用していたそうですが、義歯にはやはり不満を感じていたようで、インプラント治療を希望されて来院されました。

レントゲン写真を見ると、骨折の手術で使用した、プレートとスクリューを認めます(上段の写真)。
CTを撮影してみると、歯を失ったと同時に歯を支える骨も失われていて、インプラントを埋入するには骨の厚みが不足していました(2段目左の写真)。

そこで、本日、インプラント埋入と同時に、骨の厚みを増生する手術を加えて、3歯の欠損に対して、2本のインプラント埋入術を行ないました。
2段目右の写真が手術後のCTで、インプラントの外側に、骨補填材が白く写っています。