臼歯1歯の欠損は、もうインプラントが当たり前

患者様は名古屋市在住の50代男性。
左下顎臼歯が腫れてきたために、近くの歯科医院を受診したところ、左下顎第一大臼歯の周囲の骨が吸収されてしまっていて、もう抜歯しかないと言われたそうです。
そこで、インプラント治療を希望されて、当院を受診されました。

レントゲン写真で分かるように、左の大臼歯を支える骨が吸収されて、黒く写っています。
まずは、この歯を抜歯して、数か月、歯肉と骨の治癒を待ちました。
治癒の状態が良好となったので、本日インプラント埋入術を行ないました。