場合により、抜歯後じっくり治癒を待ってインプラント埋入

患者様は名古屋市在住の50代女性。左下顎の第一大臼歯を数か月前に抜歯され、最近になって、その1本後ろの歯も痛くなり、歯根が折れているので、この歯も抜歯が必要と言われたそうです。
当院に相談に来られたのですが、症状から考えると、歯根破折の可能性が高く、やはり抜歯して、2本のインプラント治療をお勧めしました。
数か月前に抜歯した部位に、歯根のかけらのようなものが写っていましたので、抜歯とともに、この異物も摘出しました。
今回の場合は、異物を除去した部位が十分に治癒したのを確認してから、インプラント埋入を行うこととしましたので、抜歯後6か月ほど待っていただきました。
やや骨の高さが不足気味でしたが、神経を傷つけることなく、インプラント埋入ができました。右の写真が手術後のCTです。