状態の悪い歯は、抜歯後、治癒を待ってインプラント埋入

患者様は名古屋市在住の40代女性。
右下顎の奥歯が腫れて、ひどく痛んだため、通院していた歯科医院を受診したところ、右下顎の第一大臼歯は状態が悪く抜歯しなければならないと言われたそうです。
本当に抜歯が必要かも含めて、当院に相談に来られました。
レントゲン写真ではさほどではないのですが、CTを撮影してみると、歯根の間、周囲の骨が大きく吸収されてしまっていました。
おそらく、歯根の間の部分に穴が開いてしまっているか、歯根が破折していると考えられました。
やはり、この歯を保存するのは困難であると説明させていただき、抜歯して治癒を待って、インプラントをお勧めしました。
それで、ご納得いただけましたので、本日、抜歯後6か月ほど経過したところで、インプラント埋入術を行ないました。