症状のとれない臼歯を抜歯して、インプラントを

患者様は名古屋市在住の50代女性。
右下顎の大臼歯に症状があり、過去何度も治療を繰り返しているのですが、改善せず、最近になって、腫れ、痛みがひどくなってきたために、歯科医院を受診したところ、歯根の状態が悪いので、抜歯しないと、症状はなくならないと言われたそうです。
レントゲン写真だけ見ると、それほど悪いようには見えないのですが、CTを撮ってみると、歯根の先の方まで、歯槽骨が吸収され、おそらく、歯根部分に亀裂があるか、穴が開いていて、炎症が重度の状態になっていると考えられました。
ご本人は、もうあきらめはついていらっしゃるようで、抜歯してインプラントを希望されました。抜歯後、治癒を待って、本日、大臼歯部に2本のインプラント埋入術を行ないました。