上顎前歯の多くは厚みが不足しています

患者様は名古屋市在住の60代女性。
右上顎前歯の虫歯がひどく、歯根に膿がたまって、抜歯に至ったそうです。
インプラント治療を希望されて来院されたのですが、レントゲン、CTを撮ってみると、骨の高さは十分なのですが、厚みが不足していて、通常のインプラント埋入は不可能でした。
そこで、インプラントの外側に人工骨を補填して、骨幅を増生する手術を併用する必要があると説明させていただき、この方法で了承されましたので、本日インプラント埋入術および骨造成術を行いました。
下段左の写真が手術前のCTです。
ナイフのように切り立った、薄い骨でした。
下段右が手術後のCTです。埋入したインプラントの外側に、人工骨が補填されています。