新たな試み、ルートメンブレンテクニック

患者様は名古屋市在住の50代女性。
左上顎の前歯の歯根に膿がたまって、炎症を繰り返し、歯根も破折してしまっているので、抜歯が必要と言われたそうです。
ブリッジではなくて、インプラント治療を希望されて、相談においでになりました。
前歯ですので、抜歯即時インプラント埋入をお勧めしました。
さらに、外側の薄い歯槽骨と歯質をわずかに残すことで、外側(口唇側)の歯肉が落ち込んでしまうのを防ぐ、新たな手術方法、ルートメンブレンテクニックを試みることを提案しました。
ご理解いただけましたので、本日ルートメンブレンテクニックを用いた、抜歯即時インプラント埋入術を行いました。
下段右の写真が手術後のCTです。
埋入されたインプラント体の外側(口唇側)に、歯槽骨と歯質が薄く残っています。