上顎臼歯の多くは、骨造成併用でインプラント埋入

患者様は名古屋市在住の60代男性。
左上顎の第一小臼歯と第二大臼歯が破折を起こし、抜歯しなければならないと言われ、同部のインプラント治療を希望されて相談にお出でになりました。
歯が動揺しており、レントゲン写真にて、歯根周囲の骨は吸収されており、保存は困難と考え、抜歯をしました。
数か月後、CT撮影してみると、骨がやや薄く、不足していましたので、本日、ソケットリフトを併用して、骨造成を行い、インプラント埋入を行いました。
下の写真2段目の2枚が手術前のCT、3段目の2枚が手術後のCTです。薄い骨の部位に、インプラントが埋入され、周囲は人工骨で骨が増生されています。