上顎の骨の少量の骨不足は、ソケットリフトで

患者様は名古屋市在住の30代女性。
右上顎の小臼歯の歯根の状態が悪く、以前より、腫脹、痛みを繰り返していたそうです。
神経を抜いて、歯根の治療をされているのですが、経過が不良で、抜歯した方が良いと言われたそうです。
抜歯後はインプラント治療を希望とのことで、相談にお出でになりました。
抜歯するということについては、納得されていましたので、まず抜歯。
治癒を待ってCTを撮影したところ、骨の高さが、少し不足していましたので、ソケットリフトという、骨造成を併用して、本日、インプラント埋入術を行いました。
下の写真2段目が手術前のCT、3段目が手術後のCTです。
インプラント体の上方に、骨補填材がドーム状に填入されているのが、お分かりいただけると思います。