長いブリッジよりも、インプラントでシンプルに

患者様は名古屋市在住の50代女性。
右下顎のブリッジが外れて、以前通院していた歯科医院に行ったところ、ブリッジの支えになっている歯が、崩壊状態で残せないと説明されたそうです。
もう一度同じ設計のブリッジはできないので、ブリッジなら、4~5歯の連結になると言われたそうです。
それよりも崩壊状態の歯を抜歯して、2本のインプラントを勧められたそうです。
そこで、インプラント治療を希望されて、当院に相談にお出でになりました。
ブリッジの支えになっていた、後方の歯を抜歯し、治癒を待って、インプラントを2本埋入する計画で、同意がいただけました。
抜歯後、数か月待って、本日、2本のインプラント埋入術を行いました。