大きな骨欠損も、骨造成でインプラントを可能に

患者様は名古屋市在住の60代女性。
数年前から左上顎の臼歯3歯がなく、義歯を装着していたのですが、義歯を支える歯がいよいよダメになり、インプラント治療を希望されたのですが、骨が薄くて無理と言われたそうです。
何とかならないかと、当院に相談に来られました。
左上顎に残った小臼歯は、歯根を支える歯槽骨が、大きく吸収され、骨の吸収は上方の空洞まで達していました。
抜歯後、CTを撮影してみると、大きな穴が空いた状態で、インプラントの埋入はかなり困難な状況でした。
この歯の部位を含め、その後方の骨の薄い部分まで、人工骨で骨造成を行い、インプラント埋入を目指します。
本日は、サイナスリフトと骨に穴の空いた小臼歯外側への骨造成を行いました。