抜歯されてしまった上顎前歯は、早期埋入で

患者様は名古屋市在住の30代女性。
上顎前歯の歯根が破折してしまって、抜歯され、インプラント治療を希望して当院に相談においでになりました。
CTで見ると、抜歯されたばかりの歯の跡の外側に、ごく薄い骨が残っているのですが、これは、数か月で吸収してなくなってしまいます。
そこで、この骨がまだ少しでも残っているうちに、インプラントを埋入して、人工骨を補填しておくと、大きく骨が吸収されてしまうのを防止できますので、早めのインプラント埋入手術をお勧めしました。
同意をいただけましたので、本日、抜歯後、早期インプラント埋入術および、骨造成術を行いました。
下の写真、下段左が手術前のCT、右が手術後のCTです。
埋入したインプラントの外側は人工骨で覆われています。