永久歯の欠損はインプラントで

患者様は名古屋市在住の40代女性。
上顎の永久歯の犬歯が、左右とも先天性欠損で、乳歯が抜けてしまったままになっていました。
左側は数年前にインプラント治療をされており、今回は右側の犬歯のインプラント治療を希望されて来院されました。
レントゲン、CTにて、骨はやや薄めでしたが、骨造成を必要とするほどではなかったため、通常の埋入手術で十分と判断しました。
本日、同部1本のインプラント埋入術を行いました。