上顎大臼歯は、少しの骨造成併用で

患者様は名古屋市在住の60代女性。
右上顎臼歯の歯がボロボロになり、抜歯してインプラント治療をしたいとのことで来院されました。
保存不可能な歯は抜いて、臼歯部に2本のインプラント埋入を予定しました。
CTで見ると、2本目のインプラント埋入部位は、やや骨が薄いため、ソケットリフトを併用して、骨の高さを増大させて手術を行うこととしました。
下の写真、下段左が手術前のCT、骨の高さは6mmほどでした。
下段右が手術後のCT、長さ11mmのインプラントを埋入、インプラントの先端部周囲は、骨補填材が填入されています。