ブリッジできない臼歯欠損は、インプラントで

患者様は名古屋市在住の40代男性。
左下顎の臼歯がボロボロになって久しいとのことですが、最近になって親知らずが痛み出し、相談においでになりました。
斜めになった親知らずの虫歯が、痛みの原因と思われました。
その前方に、歯根の一部のみが残った歯があり、両方とも保存は不可能でしたので、抜歯しました。
インプラント治療を希望されましたので、この部位に、3本のインプラント埋入を行い、3歯の回復を行うこととしました。
抜歯後、治癒を待って、本日インプラント埋入術を行っております。