インプラントが脱落しても、リカバリーも可能です

患者様は名古屋市在住の60代男性。
すでに数か所のインプラント治療をされている患者様ですが、左上顎犬歯に埋入したインプラントが脱落したそうです。
再度インプラント治療を希望されたのですが、骨が吸収されてしまい、インプラントの再埋入が困難と言われたそうです。
私の友人の歯科医院を受診し、当院を紹介されて来院されました。
CTを撮影してみると、下の2段目の写真左のように、外側の骨がなく、薄くなってしまっていました。
ここに骨造成を併用すれば、インプラント埋入が可能であると説明させていただき、本日手術を行いました。
下の2段目の写真右が、術後のCTです。
インプラントが残った骨に埋入、固定され、外側に、人工骨が填入されているのが確認できます。