それぞれ、抜歯即時埋入とソケットリフトで、同時に2本埋入

患者様は名古屋市在住の70代男性。
右上顎の第一大臼歯が以前に抜歯され、そのままで過ごされてきたのですが、その前方の第二小臼歯がグラグラしてきたために、相談に来られました。
レントゲン写真、CTを撮影してみると、第二小臼歯の周囲の骨は吸収されて、歯を支えられなくなって動揺してしまっていたようです(下の写真上段、左、中)。
この歯を抜歯して、この部位と、その後方の第一大臼歯部に2本のインプラント治療を行うことを提案しました。
第二小臼歯部は抜歯即時インプラント埋入、第一大臼歯部は骨がやや薄いので(下の写真上段右)、ソケットリフトを併用して、2本のインプラント埋入を行いました。
下の写真下段が手術後のCTです。
抜歯即時埋入されたインプラント周囲は、填入された人工骨で覆われています(下段、中)。
ソケットリフトを行った部位もインプラントの上方に人工骨がドーム状に充填されています(下段、右)。