抜歯後、十分な治癒期間を待つことも時には必要

患者様は名古屋市在住の50代男性。
右下顎の臼歯がダメになり、抜歯してインプラント治療を希望されて来院されました。
レントゲン写真、CTで見ても、骨が大きく吸収されて、歯を支えらなくなっています(下の写真上段)。
骨がなくなっている部分は、下の写真下段左のように、下を通る神経と血管に近くなってしまい、このままではインプラントを埋入するには骨が不足します。
そこで、まずは抜歯して、骨吸収の原因を取り除いて、骨の自然治癒を待つこととしました。
抜歯して、10か月後にCTを撮ってみると、下の写真下段右のように骨が再生され、インプラント埋入が可能になっていました。
骨がよく治癒してくれましたので、本日、右下顎に、3本のインプラント埋入術を行いました。