上顎臼歯の薄い骨は、骨造成を行ってインプラント

患者様は名古屋市在住の70代男性。
右上顎の小臼歯の冠が外れてしまい、歯がボロボロになってしまっていました。
もう1本後方の歯も冠の中が崩壊状態で、歯根の先にも炎症を起こしていましたので、臼歯2本を抜歯して、インプラント治療をお勧めしました。
しかし、2本目の部位は骨が薄く、CTで測定しても2~3mmの骨しかありませんでした。
そこで、まずサイナスリフトという骨造成術で骨量を確保したうえで、インプラント埋入を行うという治療計画を、提案させていただきました。
了承を得られましたので、抜歯後、歯肉の治癒を待って、本日サイナスリフトを施行しました。
下の写真中段が手術前のCTで、骨が非常に薄い状態です。
下の写真下段が、造成術後のCTです。
骨の薄い部位に、骨補填材が充填され、厚みが増しています。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook