穴の炊いた上顎骨も、補填材で塞いで骨造成

患者様は名古屋市在住の40代男性。
左上顎第一大臼歯の被せものが外れ、通院していた歯科医院を受診したところ、保存は不可能と言われたそうです。
抜歯してインプラント治療を希望されたそうですが、骨がないので無理と説明を受けたために、何か方法はないかと、当院に相談においでになりました。
CTを撮ってみると、歯の根っこが、上顎の上方の空洞に突き抜けており、抜歯したら、骨に穴が空いてしまう状態でした(下の写真2段目左右)。
まずは抜歯にてみると、予想どおり、骨はなく、空洞と交通してしまいました(下の写真3段目左右)。
数か月、歯肉の治癒を待って、サイナスリフトという骨造成と同時に、この穴も骨補填材で塞ぐという手術を行いました。
手術後6か月後にCTを撮影してみると、骨の穴が塞がり、骨量も十分できていることが確認できましたので(下の写真4段目左右)、本日インプラント埋入術を行いました。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook