インプラントを選択して、健全な歯は削らない

患者様は名古屋市在住の30代男性。
右下顎の第一大臼歯が、神経を抜いて治療されていたのですが、被せものがはずれ、根っこだけが残っているという状態になってしまいました。
保存は不可能でしたので、抜歯してインプラントかブリッジか義歯ということになります。
両隣の歯がきれいですので、これを削ってブリッジにするのは、避けたいところです。
年齢的に、義歯は受け入れ難いとのことで、インプラント治療を希望されました。
CTにて骨の量、状態は問題ありませんでしたので、抜歯後、治癒を待ち、本日インプラント埋入術を行いました。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook