条件が合えば、上顎前歯は新テクニック、ルートメンブレンで

患者様は名古屋市在住の60代女性。
右上顎の犬歯の根の先に膿を持ってしまい、何度も切開や歯根治療をされたそうですが、改善しないため、抜歯してインプラントを勧められたそうです。
インターネットで検索をされて、抜歯してすぐにインプラント埋入行う方法があると分かり、当院を受診されました。
抜歯即時インプラント埋入について説明させていただき、さらに、抜歯後の歯肉の陥凹を防ぐために、歯根の一部分を残す、ルートメンブレンテクニックという方法を紹介しました。
この方法で了承されましたので、本日ルートメンブレンテクニックを用いて、抜歯即時埋入を行いました。
下の写真左が手術前のCT、右が手術後のCTです。
外側の薄い骨と、歯根の一部を残し、その内側に、インプラント埋入がされているのが分かります。


これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook