新テクニック。ワイドインプラント、逆回転ドリルの使用で大きな骨造成を回避

患者様は名古屋在住の70代男性。
左上顎の臼歯が歯周病で抜歯され、インプラント治療を希望されて来院されました。
CTを撮影してみると、上顎洞に炎症を認め、骨は薄く4mmほどでした(下の写真左)。
上顎洞の状態を考えると、サイナスリフトや、ソケットリフトにしても人工骨の使用は避けたいところですが、骨量は大きく不足しています。
そこで今回は、患者様ご自身の骨、インプラント埋入部位の自家骨のみを、逆回転して使うドリルで上顎洞に押し上げて骨を増生し、太めで、短めのインプラントを埋入する方法としました。
下の写真右が、手術後のCTです。
インプラント体の周囲に自家骨が押し上げられて、白く写っています。
人工骨を使用していないので、炎症のある上顎洞に悪影響を及ぼす可能性は低いと考えます。
インプラントは直径6mmのものを使用しました。


これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院