必要な場合は、やはり人工骨で骨の厚みを増生

患者様は名古屋在住の50代女性。
右上顎の犬歯が抜けて、インプラント治療を希望されたのですが、骨が薄くて困難と、2件の歯科医院で断られ、なんとかインプラントができないかと、当院に相談に来られました。
CTを見ると、やはり骨の厚みが不足しており、直径が3~4mmあるインプラントを通常通りには埋入できません。
そこで、インプラント埋入と同時に、外側に人工骨を補填して、骨幅を増やす造成術を併用する方法で行うこととしました。
下段の写真左が手術前のCT、右が手術後のCTです。
薄かった骨にインプラントが埋入され、外側(写真でインプラント体の左側)に白く写る人工骨を認めます。


これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院