歯が抜けた部位は放置せず、インプラントで回復を

患者様は名古屋在住の40代男性。
右下顎の小臼歯を抜歯し、ずっとそのままにされていたそうです。
そろそろ歯を入れようと、当院に相談においでになりました。
抜けた歯を放置していたために、その後ろの歯が前方に傾いてきており(下の写真青矢印)、スペースが狭くなっていました。
このままでは、かなり小さな歯しか入れることができません。
矯正治療で後方の歯を移動し、適正なスペースを作って、インプラント埋入を行うことをお勧めしましたが、時間と費用がかかる矯正治療は、受け入れていただけませんでした。
そこで、後方の歯に被せてある冠を外して、前方のスペースを拡げるような形の冠を装着して、スペースを確保し、治療することとしました。
本日、同部に1本のインプラント埋入術を行っております。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院