必要な時は、やはり確実な骨造成で

患者様は名古屋在住の60代女性。
左上顎の小臼歯とその後ろのブリッジがグラグラで相談にお出でになりました。
左第一小臼歯は歯根の周囲の骨が吸収され、骨から離れてしまっている状態でした(下の写真上段左)。
また後方のブリッジもかなり無理な設計であった為か、支える歯が動揺していました。
ここにインプラント治療を行うためには、まずはダメな歯を抜歯し、骨が吸収された部分と、大臼歯部の骨が薄い部分に骨造成が必要でした。
小臼歯2本を抜歯させていただき、歯肉の治癒を待って、第一小臼歯の部位は骨補填材を填入して、人工膜で被覆(GBR)、大臼歯部はサイナスリフトを行いました。
骨造成後6か月にCTを撮影したところ、下の写真中段のように、インプラント埋入可能な状態となりましたので、本日、同部にインプラント埋入術を施行しました(下の写真下段)。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院