前歯部も必要な時は、骨造成でインプラント埋入へ

患者様は名古屋在住の50代男性。
上顎の右前歯2本の状態が悪く、抜歯しなければならないと言われ、インプラント治療を希望されて来院されました。
上顎右前歯2本は、10年以上前に、神経を抜かれ、根っこの治療を何度か行ったそうです。
さらに歯根端切除術といって、歯根の先の感染した部位を削除して、外科的に切除する方法があるのですが、それを行っても、歯根の先から膿が出てきたり、腫れたりを繰り返していたそうです(下の写真上段)。
とうとう抜歯ということで、インプラント治療を希望されたのですが、CTを撮ってみると、骨が薄くて、通常のインプラント埋入はできませんでした。
そこで、インプラント埋入と同時に、唇の側に人工骨を補填するという骨造成法を併用し、本日、埋入を行いました。
下の写真下段左が手術前のCT、右が手術後のCTです。インプラントの唇の側に、白く人工骨が写っています。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院