小臼歯でも、必要なら骨造成

患者様は名古屋在住の50代女性。
左上顎小臼歯のインプラント治療を希望されて来院されました。
他院では、骨が薄くて、難しいと言われたそうです。
CTを撮ってみると、骨の高さはあるのですが、幅が薄くて、通常のインプラント埋入はできなさそうでした。
骨幅を拡げる骨造成手術を併用すれば、インプラント治療が可能であることを説明し、同意が得られましたので、本日手術となりました。
インプラント埋入と同時に、頬側(外側)に人工骨を填入して、さらに人工膜で被覆するという骨造成術(GBR)を施行しました。
下の写真、下段左が手術前のCTです。骨が三角に切り立っています。右が手術後のCTです。インプラントが骨に埋入され、その外側に填入した人工骨が認められます。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院