やはり必要な場合はサイナスリフトで骨造成

患者様は名古屋在住の60代女性。
右上顎第二小臼歯が破折しているといわれ、右上顎臼歯のインプラント治療を希望されて来院されました。
右上顎第二小臼歯の差し歯が、歯根破折のため外れていました。
その後方の歯がない部位もインプラントを入れたいとのことでした。
レントゲン、CTを撮影してみると、後方の第一大臼歯部は、骨が非常に薄く、通常のインプラント埋入はできませんでした(下の写真2段目左右が手術前のCT)。
そこで、まずサイナスリフトという骨造成術で、大きく骨を増やし、骨ができたら、第一大臼歯部のインプラント埋入と同時に、第二小臼歯の抜歯即時埋入を行う計画としました。
サイナスリフト後6か月が経過し、下の写真3段目左右のように、CTにて、骨造成がうまくいっていることが確認できましたので、本日、第一大臼歯部のインプラント埋入と同時に、第二小臼歯の抜歯即時埋入を施行しました。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院