入院、骨移植を回避して、人工骨で骨造成

患者様は名古屋在住の40代男性。
右上顎の犬歯が歯根に膿を持ち、何回か根の治療をされたそうですが、結局抜歯されたそうです。
インプラント治療を希望されて大学病院の歯科口腔外科を受診したところ、骨がないので、入院して骨移植(自分の骨を移植する)と言われたそうです。
大変すぎるので、何とかならないかと、当院に相談においでになりました。
レントゲン、CTを撮影したところ、確かに通常のインプラント埋入は困難な骨の状態でした(下の写真中段)。
ただ、骨移植ではなくて、人工骨と人工膜を用いた骨造成術で治療可能と考え、その方法を提案しました。
了承が得られましたので、本日、骨補填材による骨造成とインプラント埋入を同時に行いました。
下の写真、下段が手術後のCTです。
インプラントの外側に、白く写る人工骨が補填されているのが認められます。

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook
Instagram|名古屋 インプラント治療の名医 歯医者 かすや歯科医院