名古屋市かすや歯科医院 7月第1週の症例

患者様は名古屋市在住の30代男性。通院中の歯科医院で、左下顎第一大臼歯の根っこの治療をされていたのですが、何度も歯肉の腫れや痛みを繰り返し、そのたびに根っこの治療をやり直していたそうです。もう、抜歯するしかないと言われ、インプラントかブリッジを行うことになると説明されたそうです。そこで、抜歯が必要かも含めて、インプラント治療の相談に当院にお出でになりました。レントゲン写真やCTで診ても、歯根の周囲の骨が吸収されて、かなり炎症がひどい状態でした。何度か根っこの治療をしても症状が取れないことから、やはり、抜歯してインプラントをお勧めしました。奥歯なので、抜歯即時埋入ではなくて、じっくり待って、自然に骨が回復することを待つことにしました。抜歯後、6か月経過してCT撮影したところ、抜歯部位に骨が再生されていましたので、本日インプラント埋入術を行ないました。十分に待っていただいたおかげで、骨補填することなく、通常通りに埋入ができました。

名古屋市かすや歯科医院 7月第1週の症例の写真