歯医者が嫌で、以前から、虫歯や歯槽膿漏があったにもかかわらず、ずっと歯科医院に

患者様は名古屋市在住の60代女性。
歯医者が嫌で、以前から、虫歯や歯槽膿漏があったにもかかわらず、ずっと歯科医院に行っていなかったそうです。
最近になって、いよいよ上下とも、歯がガタガタになり、なんとかしたいと自宅近くの歯科医院に相談に行かれたそうです。
できればインプラント治療を行いたいと相談されたそうですが、骨がなくて、インプラントは無理と言われたそうです。
入れ歯しかないと説明されたのですが、ご自分でいろいろ調べて、骨を増やす方法があるとお知りになり、当院に相談に来られました。
レントゲン写真を見ると、上顎は両側とも、臼歯部の骨が薄く、右下顎は骨が大きく吸収されていました。
かなりの難症例ですが、骨の不足する部位に骨造成を行なえば、インプラント治療ができる可能性がありましたので、そのように説明をさせていただき、治療を試みることとなりました。
本日はまず、右上顎にサイナスリフトを行いました。
今後は左側のサイナスリフト、右下顎にはブロック状の自家骨移植術を行なう予定です。
名古屋市かすや歯科医院 7月第4週の症例の写真

これまでのインプラント症例一覧は
こちら

オフィシャルサイト
ホワイトニングサイト
Facebook