名古屋市かすや歯科医院 8月第2週の症例

患者様は名古屋市在住の70代男性。虫歯と歯槽膿漏で、下顎の両側の奥歯がなくなり、左上顎の奥歯がなくなって、いよいよ咬むのが不自由になったため、インプラント治療を希望されて来院されました。一時期、義歯を作って、使ってみたそうですが、どうにも使い物にならなくて、すぐに外してしまったそうです。それ以来、だんだんと歯が少なくなってきて、今回の受診となりました。残っている歯も、全体的に歯周病がある程度進んでいて、まずは、歯周病の治療から始めました。左上顎の第2大臼歯は、保存が不可能でしたので抜歯、本日は、その前の3本の歯を回復するために、インプラント埋入術を行ないました。今後は、下顎の大臼歯部にも、インプラント治療を行っていく予定です。

名古屋市かすや歯科医院 8月第2週の症例の写真