名古屋市かすや歯科医院 9月第3週の症例

患者様は名古屋市在住の60代女性。右上顎大臼歯を数年前に抜歯されており、ここにインプラント治療を行うことと、右上顎の前歯がグラグラになってしまっているので、何とかしたいということで、相談にお出でになりました。CT撮影したところ、右上顎臼歯部は、骨がやや弱い感じはありますが、骨量は十分でしたので、インプランはこのまま埋入できそうでした。前歯の方は、グラグラの歯2本を抜いて、インプラント治療をお勧めしました。ところが、下のレントゲン写真では分かりづらいのですが、赤矢印のところに、CTで見ると、犬歯が埋まっていました。インプラントを埋入しようとする部位に埋伏した犬歯がありますので、まず、これを抜歯し、抜歯した穴に、人工骨を入れて、骨ができるのを待ち、インプラント埋入を行う予定としました。まず、犬歯の抜歯を、先月行い、本日は、臼歯部、黄色矢印の部位に、2本のインプラント埋入術を行ないました。

名古屋市かすや歯科医院 9月第3週の症例の写真