名古屋市かすや歯科医院 10月第4週の症例

患者様は名古屋市在住の40代男性。右下顎臼歯2本を失い、インプラント治療を希望されて、他院に相談に行かれたのですが、骨が薄くて、インプラントは困難と言われたそうです。インターネットでお調べになって、骨造成という方法があることで、何とかならないかと、当院に相談に来られました。CTを撮ってみると、下左の写真のようにナイフのように尖った形をした、下顎骨でした。いろいろ方法はあるのですが、当院では、患者様ご自身の骨を移植して、骨を増大させる方法を提案させていただきました。それで同意をいただけましたので、5か月前に、自家骨移植術を行ない、術後のCTを撮影したところ、下右の写真のように移植した骨が周囲と一体化して、厚みのある形になりました。これで、インプラント埋入が可能となりましたので、本日2本のインプラント埋入術を行ないました。

名古屋市かすや歯科医院 10月第4週の症例の写真その1

名古屋市かすや歯科医院 10月第4週の症例の写真その2
名古屋市かすや歯科医院 10月第4週の症例の写真その3