上顎の少量の骨不足は、ソケットリフトでインプラント埋入

患者様は名古屋市在住30代男性。
右上顎の犬歯と小臼歯1本を数年前抜歯、そのまま過ごされていたのですが、もう1本、小臼歯の差し歯が脱離し、いよいよ咬むところがなくなり、インプラント治療を決断されて相談においでになりました。
3歯のうち、レントゲン写真、CTにて、いちばん後方の歯は、骨が薄いことが判明したため、ソケットリフトという骨造成方法を併用する必要があることを説明させていただきました。
ご納得いただけたので、本日1か所ソケットリフトを合わせて行い、右上顎にインプラント埋入術を施行しました。


CT インプラント治療